やっぱり・・旅へ

カテゴリ:映画( 35 )

惑星ソラリス




e0169200_0122310.jpg

                                「惑星ソラリス」

                                    

                                    これを観てから眠ると・・・わくわく・・・?






                                             *Sさん、自転車の件、承知しまし~た
by haru-115 | 2014-08-22 00:15 | 映画 | Comments(0)

東京都写真美術館

只今、
山岳映画特集中 5/2まで

すごい数です
時間の許す限り通います

さて何本観れるかなぁ

e0169200_0262393.jpg



e0169200_0265376.jpg



e0169200_03135100.jpg


                               先日は、「アイガー北壁」を観て来ました
by haru-115 | 2014-04-23 00:33 | 映画 | Comments(0)

新宿・武蔵野館へ 『鑑定士と顔のない依頼人』

私のお気に入り、武蔵野館では
27日までの上映だったため、慌てて観て来ました


           『鑑定士と顔のない依頼人』
                         (英題:The Best Offer、原題:La migliore offerta)




               ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス、 海の上のピアニストなど)・脚本による2013年イタリア映画。
                          出演・・ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランドなど
                          音楽・・エンニオ・モリコーネ


                   


                 この映画は なんだか・・・
                 絶対、大きいスクリーンで観ないと・・・という予感があったのですが

                        正解

                        音楽も映像もストーリーも・・・ぐいぐい引き込まれました

                        そういえば・・エンドロールになっても、誰ひとり立ち上がらなかった

                         ジェフリー・ラッシュの演技、すごいです 心と眼に焼き付いてます
                       
                          人の真の純粋さは、死ぬまで生きるのかな・・
 
                          
                      
                          そうそう 映画のパンフレットを購入しました 何年振り?                        
                          

                         



















                階段で一階まで降りると、ZARAがあるので いつもちょっとだけ覗いて帰ります

                              色がきれいでした

                                             *パンプスが片方倒れてますね・・これがポイント^^







                                     こちらは・・新宿色



                                         バイバイ





     
by haru-115 | 2014-02-25 23:13 | 映画 | Comments(0)

映画の台詞


                      でも 君は生きようと そう決めたなら

                               やるんだ


                            この旅を楽しめよ


                         大地を踏んで 歩き始めるんだ




e0169200_2229947.jpg

                                                            「Gravity」より






                                                    
                           

                            
by haru-115 | 2013-12-27 22:58 | 映画 | Comments(0)

映画の中の音

今日までお休みだったので
思い立って、朝一番で映画館に行った

はじめの30秒で、観に来て良かったと思った
最初だけで、すぅっとスクリーンに吸い込まれた
あれだけでも、、、もう一回


そのひとつに、音

登場人物たちの歩く音
鍵をカギ穴に入れる一瞬の音
ドアを開ける、閉めるの音
目の動く音

どの音も、最後まで生き生きしていた

e0169200_22404868.jpg

邦題「君と歩く世界」  ←なんだいこれは?       


「エディットピアフ~愛の讃歌~」で、すっかりファンになったマリオン・コティヤール
           この映画でも、すごい存在感
           演技、とても頑張ってる
          
          何を頑張っているかというと、・・それは秘密(笑

          彼女は、フランス人なのに、なんだか親近感湧くのは何故だろう
by haru-115 | 2013-04-08 22:59 | 映画 | Comments(0)

love color

吉祥寺にて

e0169200_23352312.jpg




       なんの映画だったかな

       長年地球で暮らした宇宙人が
       「地球人は、自己中心的で破壊することに夢中だが、とてつもない不安の中で生きている
       そんな地球人が好きになったから、このまま地球で暮らす」

        というような台詞が不思議と印象に残っている


           この街の昔を知っている祖母は
           「つまらない、ただの場所になった」と言っていた

e0169200_23353173.jpg


                    血のつながらない祖母は
                              

                                  もういない


       
by haru-115 | 2013-02-14 23:47 | 映画 | Comments(0)

テオファニス・ランボウカス

エディット・ピアフの
最後の夫、
テオファニス・ランボウカスはあまり知られていないが
20歳年下で、ピアフの大ファンだった

財産目当てだとか言われたけれど
ピアフが沢山の借金を残して他界した後(結婚生活は1年ほど)
独力で全て完済してから亡くなった

それは1970年
・・・ピアフが亡くなったのは1963年

「エディット・ピアフ 愛の讃歌」という
映画中ではほとんど触れられていないが、wikiを読んで初めて彼のことを知った

ピアフも凄いが、彼の生き様にかなり感動した


映画は、ピアフ役のマリオン・コティアールの演技が素晴らしかった




e0169200_0151580.jpg


                                             未草展にて
by haru-115 | 2012-12-05 00:37 | 映画 | Comments(0)

なぜだ?なぜなんだ??



滅多に観ないホラー映画を観た (観たいのがなかったので)

怖かった

でも
そうしたら
沈んでた気持ちが、明るくなった

???



あーもしかして
今日、妹に会って子どもの頃の話で笑ったからかな?

妹曰く・・
私は、「ずっと前からほんとに天然」 だそう

e0169200_1133141.jpg

                                            未草展にて
by haru-115 | 2012-12-02 01:16 | 映画 | Comments(0)

新年の雪、読んだ本、観た映画

早いもので、世の中はすっかり平常になりました
長野は寒かったけれど、ゆっくりできました
でも、思ったより雪は少なかったです
e0169200_023518.jpg
e0169200_024876.jpg
e0169200_0242220.jpg
e0169200_024357.jpg


e0169200_0244782.jpg

                         よく覗かせてもらっているブログで紹介されていました
                          何度もお腹抱えて笑いました

                          三人とも亡くなってしまったけれど、伝説の兄弟ですね
                          今の日本人とは違う人種のようです
                           わたしは辛うじて、知っているけど。。

e0169200_0323429.jpg

                             以前から松坂慶子が好きです

松坂慶子扮する母は、ひとり息子がケンカをした時に、相手の少年がひとりで立ち向かったのに、息子は仲間と一緒に苛めたことを知り、「男のケンカはさしでするもんだ」と、 烈火のごとく怒り、ひっぱたきます

                               一番好きなシーンです
                                   

                                  

                      
by haru-115 | 2012-01-07 00:54 | 映画 | Comments(0)

幸福の黄色いハンカチ(1977)

       

夕べ、久しぶりに観ました・・

e0169200_124534.jpg


                         高倉健もいいけど・・
                         渥美清(お巡りさん役で登場)
                         少しの出演だけど・・・ものすごく温かい
                         もしかすると日本の俳優で一番好きかも・・・


                 
e0169200_12162143.jpg

                         ・・・やっぱり「寅さん」

ストーリー
by haru-115 | 2009-05-30 12:08 | 映画