やっぱり・・旅へ

深夜に


深夜番組で、モロッコの人々の生活を追うドキュメンタリーを観た


車が入れない細い路地は、馬やロバがその生活を支えている

沢山の生活物資を背中高く背負う馬

人間が出したゴミを背中に乗せながら家々を回るロバ

文句も言わず、穏やかな瞳で
ゆっくりゆっくり、一日中、人間に合わせて歩く

それは、昔からずっと繰り返されて来た事だと分かっていても

せめて飼い主が、
仕事終わりには「よく頑張ったね」と、
優しく体を撫で、柔らかい所で眠らせてくれたらいいなと

そればかり思った


e0169200_00254903.jpeg

夢の中では、広い草原を走ることが出来たらいいね












by haru-115 | 2019-04-17 00:33 | 日々 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。