やっぱり・・旅へ

アナベルがブロッコリーみたいだぁ




ある日、
都心の、ある駅前で、アナベルと目が合った

一緒に帰る?と聞いたら、

うん というので電車に乗ってうちに来た


e0169200_19221705.jpg
なんだか大きくて
ブロッコリーみたいよ

そこで
ロッ子という名まえにした




















しばらく、ぼーっと生きていたら
とつぜん秋になった
本を読んでも続かない
すぐに閉じる
今でなければきっと夢中で読むだろう
そんな本


松尾芭蕉は、ちょうど私くらいの歳で
旅に出たんだなぁと、秋の空を眺めて思う


by haru-115 | 2017-09-17 15:26 | マジメに生きなきゃ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。