やっぱり・・旅へ

カテゴリ:こころ( 80 )

窓際野蝶深夜便




e0169200_01005843.jpeg






e0169200_00200450.jpeg








by haru-115 | 2018-01-16 01:05 | こころ | Trackback

モノクロマニョン







e0169200_00413741.jpeg







e0169200_00414636.jpeg

プレスリー聴いたら

なんだか
じーんとしてしまった




♪わーいずまーんせーい

って









by haru-115 | 2018-01-15 00:47 | こころ | Trackback

あまあま18





e0169200_10022763.jpeg


いつも通りにしたんだよ


あったかいとこに帰っておいでね

ホットミルク珈琲お砂糖入り


おひさまの日






















by haru-115 | 2018-01-13 10:13 | こころ | Trackback

返事


出さなくてごめんね


e0169200_00151605.jpeg



もうずぅーーーっと前、
15歳だったあなたが
15歳の私に
心を込めて書いてくれた手紙なのに
どうして返事を出さなかったのだろう

理由はね

たぶん、、
何を書いていいのか
分からなかった

最近

誰かに心を込めて
手紙を書きたいと無性に思う

だけどやっぱり
何を書けばいいのか
思いつかない


















by haru-115 | 2018-01-12 00:25 | こころ | Trackback

声がする







e0169200_23300971.jpeg




気のせい











by haru-115 | 2018-01-11 01:30 | こころ | Trackback

真夜中に想う




ターシャテューダーは

いつも前進して
人生を楽しんでいたように思う




e0169200_01511212.jpeg



私も、そろそろ前進しなくては

重い扉を開けて 歩き出さなくては





e0169200_01522781.jpeg




優しい風が
背中を押してくれたらなぁ

やっぱり私
甘えてるかな








by haru-115 | 2018-01-05 02:07 | こころ | Trackback

チューリップと足




e0169200_13105748.jpeg

こころの整理

どこでも花と空を見る癖


だけど本当は

花は
枯れるまで根を張り、
光を浴びて咲いていてほしい




















by haru-115 | 2017-12-27 13:12 | こころ | Trackback

風邪をひいた?声が枯れはじめた





何年か前、義母が、
「あなたは絶対好きよ。読んでみて。」
と言って、沢村貞子の著書を何冊か手渡してくれた

言われた通り、気に入り、
最後にこの本を読んだ

知的で愛情深い江戸っ子の脇役女優が
生涯かけて愛した人との、永遠の別れ

初めて読んだ時
夜中にひとり涙が溢れて大変だった

その後も何度か本棚から手に取るが
泣きたくなくて、なかなか読めなかった

でも今日は、決心して読み始めた

きっと今日は、
死んでしまっていても、
その人の温かい言葉と心に触れたい気分なんだろう





e0169200_15190777.jpeg

そういえば、永六輔が何かのインタビューで、
沢村貞子を子どもの頃から知っていたけど、
粋で凛とした、本当に素敵な女性だったと言っていた
















by haru-115 | 2017-12-23 16:59 | こころ | Trackback

あらためて



ありがとうと

言いたい

伝えたい



色んな意味でしあわせなんだと


きっと、そんな歳なんだな


いや、もう秋だからかな




e0169200_08373353.jpeg

テレビをつけたら、
「サワコの朝」という番組に
白髪の松本隆

好きな音楽を紹介していて
So In Love が流れた

土曜の朝だなー







by haru-115 | 2017-11-18 08:46 | こころ | Trackback

ドライフラワーと紅玉と、タンギー爺さん




やっと
秋らしい日




e0169200_14500935.jpg






紅玉を煮ようと思ったら

あまりにもおいしそうで
そのまま
ひとくち
がぶり
ぱくり

口中が甘酸っぱくてしあわせ
脳までじ~ん。。


林檎のなかでいちばん好きかも

果物はどれも奇跡の食物

こんな小さな生活の一部でも

しあわせじゃと思うのだ

e0169200_14511910.jpg




朝、BSでゴッホ特集を観る

幼いころから気難しく、人と上手く関われないことで
少しずつ自分で自分を傷つけていく

だけど
心の中は死ぬまで純粋で
美しいものを生み出そうとしていた
日本にも強くあこがれ、
日本の情景を探してアルルに移住した

「タンギー爺さん」を初めて見たのは、ずっとむかし、10代だった

タンギー爺さんは、情熱と苦労の人で
強き思想を抱いた人だったらしい

ゴッホとは画家と画商という関係だけでなく
ゴッホが好きな浮世絵とともに、敬意を込めて描いたということを知った



そんな
わたしの秋の日





e0169200_15190545.jpg















by haru-115 | 2017-11-03 14:26 | こころ | Trackback